NEO WRAP(ネオラップ)【loyd・横森 雄二】は稼げる?稼げない?

NEO WRAP(ネオラップ)仮想通貨
NEO WRAP(ネオラップ)

こんにちは管理人のyasuです。

普通に働いていても収入はなかなか増えないことに気づいてから、今までいろんな副業ビジネスを検証してきました。

世の中には様々な副業があります。そんな中から稼げるか稼げないかを判断するのはなかなか難しいことです。

それで副業を探している方に少しでも参考になるように、検証・調査したことをブログにしています。

今回の検証・調査対象

今回は、NEO WRAP(ネオラップ)という副業について検証していきます。

この記事は

1.NEO WRAP(ネオラップ)の内容が知りたい
2.NEO WRAP(ネオラップ)の販売者情報が知りたい
3.NEO WRAP(ネオラップ)の収益方法を知りたい
4.NEO WRAP(ネオラップ)に参加すべきか迷っている

こんなことを考えている人に読んでもらいたい記事です。

 

結論から先に言うと

NEO WRAP(ネオラップ)を検証した結果、おススメは出来ません。
検証のポイント
・LP(ランディングページ)の内容
・特定商取引法の記載事項
・収益方法・ビジネスモデル
・登録するとどうなるか

・口コミ・評判
この記事を書いている人:yasu
20201年から稼げる副業を探し求めこのサイトを運営中
副業に関わる情報を検証を開始し、現在までに200件以上の副業を検証

今まで色々と調べたことをまとめたものです。
興味のある方は合わせて読んでみてください。

【重要】ネットビジネス商材の購入前に知っておくべき8つのポイント

それでは、検証ポイントに沿って解説していきます。
今回のオファーはどうなのでしょう。

NEO WRAP(ネオラップ)のランディングページ内容を検証

ランディングページで気を付けるポイント

「今すぐ」「誰でも」「簡単に」「高収入」のセールスコピーは疑いましょう。
残念ながらそんな方法はありません。
本当にそれが出来るなら門外不出にして儲けを独占するはずです。
特に無料とか特別価格などで心が動きそうなときほど、冷静に考えてください。

上記のポイントは重要です。

なぜなら、稼げないオファーの常套句だからです。

このポイントに注視して検証していきます。

内容をチェック

2020年5月1日から施行された改正金融商品取引法で「暗号資産(仮想通貨)」も金融商品の仲間入りをしました。そのことにより、取り扱には金融商品取引業登録が必要です。
ランディングページを見る限り、暗号資産(仮想通貨)による資産運用で稼ぐという事でしょう。ということは、この販売者が金融取引業登録をしているのかどうかが、重要になってきますね。

もし、暗号資産(仮想通貨)の投資アドバイスを有料で行うだけだとしても、「投資助言・代理業」に該当することになり、投資助言・代理業の登録がないと行うことができないということです。

この販売者はどうなのでしょう?

続いて、販売者の検証をしていきます。

NEO WRAP(ネオラップ)の販売者を検証

販売者関係で気を付けるポイント

特定商取引法の記載を見ましょう。
これがなければ、もう検討する価値もありません。インターネット販売をするとき、業者は特定商取引法という法律に従い、販売者の名前や住所、連絡先を必ずウェブサイトに表示する義務があります。
多くのサイトはランディングページの最下部に配置しています。
面倒くさがらずに、チェックしましょう。

上記の記載がない場合は、要注意となります。

なぜかと言うと成果の保証も返金保証の有無も確認できないからです。

そもそも、記載しない=やましいことがあるという判断ができます。

特定商取引法の記載をチェック

事業者名loyd
運営責任者横森雄二
所在地東京都港区六本木7-16-8
メールアドレスcontacts@oper-sys.com

電話番号の表記はなく、特定商取引法に基づく表記は不十分ですね。

特商法は事業者による違法・悪質な勧誘行為等から、消費者を守ることを目的とする法律です。
この表記がきちんと書かれていない場合は消費者に対して、法律に即した行動をしない企業だということになります。

販売会社をチェック

一応、会社法人登録を調べてみましたが、ありません。

資産運用を手掛けている会社としては、信用に値しませんね。

会社法人登録もしていない状態で、金融取引業登録だけはしているという可能性はあり得ないでしょうね。

また、法人登録もしていないような販売元のオファーは、トラブルが発生するのが前提で考える必要があります。

例えば、虚偽の広告掲載や個人情報の悪用などの可能性があります。

 

引き続き、収益方法を検証していきます。

 

 

NEO WRAP(ネオラップ)の収益方法を検証

収益方法で気を付けるポイント

「この方法を使うと○○円稼げます。その方法を今回は特別にお伝えします。」と言って、常識を逸脱した真偽の分からない成果を掲載しているだけで「その方法」について一切触れないやり方があります。
具体的な方法を明らかにしていない場合、バックエンドに繋げていこうと考えていす。方法の概要すら記載されていないものは、疑いましょう。
「絶対」「確実」などの表現は金融商品取引法消費者契約法で規制されています。
これらのことが強調されている場合も注意しましょう。

ビジネスモデルをチェック


大まかに理解すれば、全ての取引を任せるということです。

一度スタートすれば自動運用、自動配当を繰り返すということなので、一見すると凄いと感じるかもしれませんが、裏を返せば、損益が出ても自動運用を繰り返すということになります。要するに確実に稼げる保証はどこにもありません。

また、取引手法A~Fに関して、手法の中身については何も分かりません。

相場変動が激しく、プロトレーダーでも利益を出し続けるのが困難な暗号資産で、簡単に稼げるように記載している点、取引手法が不明な点だけでも信用に値する根拠が持てませんね。

続けて実績をチェックしていきます。

実績をチェック

ランディングページには、実績は示されていません。

暗号資産(仮想通貨)を自動運用することから、何らかのシステムやアプリを使用して資産を増やしていくロジックだとは思うのですが、一切それらしい説明もありません。

常識的に考えれば、試験運用を経てモニター利用での検証、それからローンチとなっていくのが妥当だと思います。

ですが、実績が示せないということは、そういう事もしていない可能性があります。

まあ、ここまで実績を示さないということは、示せる実績が無いと自ら白状しているような気はします。

 

警戒して、口コミ・評判を検証していきます。

 

NEO WRAP(ネオラップ)の口コミ・評判を検証

口コミ・評判で気を付けるポイント

Google検索で「(サービス名) 評価」「(サービス名) 口コミ」「(サービス名) 危険」などのいくつかのキーワードを組み合わせて検索して上位3サイトぐらいをチェックしてみましょう。
もし、ネガティブな情報しかなければ、注意が必要です。
ランディングページに利用者の声などがあったとしても信用してはいけません。

サクラサイトも存在しているので、見極めが必要です。

ランディングページをチェック

実績のところでも述べましたが、実績は示されていません。

その代わりに利用者の声があります。

暗号資産はどちらかというと初心者、素人同然の方には手が出しにくい投資だと思うのですが、どの方も、投資関係に明るいというイメージではありませんね。

そもそも、2021年4月の利用者アンケート(当社調べ)によるものなので、本当にこの案件の利用者なのでしょうかね。

 

Google先生にも質問してみます。

Google先生でチェック

稼げているというようなポジティブな情報は見当たりません。

ランディングページから2021年4月には利用者が居たというのとなので、少しぐらい情報があってもいいと思うのですが,ありませんね。

本当に稼げるなら、こんなことは無いでしょう。

 

あまり、気が乗りませんが登録をして検証してみます。

 

NEO WRAP(ネオラップ)を登録検証

登録時の気を付けるポイント

メールでもLINEでも安易に登録するのは、お勧めしません。
メールであれば捨てアドを使うことで、ある程度のリスクは回避できます。
ですが「LINE(ライン)」は重要な個人情報が含まれているアプリです。
LINEの設定や端末の管理を疎かにしていると、情報の流出やアカウント乗っ取りといったトラブルに巻き込まれる危険性があります。

LINE登録をして、トラブルを予見できた時点で即ブロックをしましょう。

登録方法をチェック

 

今まで検証してきて、LINE登録をするパターンで良いことはありませんでした。

かなり不安がありますが、登録してみましょう。

登録後をチェック

何かに当選した訳でもないのに「おめでとうございます」こういう感じの迷惑メールとかよくありますよね。嫌な予感がします。

 

とりあえず、費用が掛かることが判明しました。

まあ、微妙な値段設定ですね。

しかし、7日目に配当着金とあるのですが、ひょっとして銀行口座登録が必要になるのでしょうか。

それに、「完全配当保証」とは何でしょう?

国債などの金融商品の「元本保証」なら聞いたことがあるのですが、「配当保証」は聞いたことがありません。

「絶対に稼げる」というような言葉は使っていませんが、微妙に金融商品取引法消費者契約法に触れているような気がします。

 

これ以上は勇気が出ませんので、登録検証はここまでにしたいと思います。

 

 

NEO WRAP(ネオラップ)の検証まとめ

今回は、NEO WRAP(ネオラップ)という副業について検証しました。

検証の結果
おススメはできません。

理由については

1 特定商取引法の記載に問題がある。
2 ビジネスモデルの詳細が不明

3 LPに詳細を記載せず、LINE登録に誘導し、バックエンドがある。
になります。

私の経験上からこのポイントに当てはまる場合、大抵トラブルが発生します。

「石橋を叩いても渡らない」ぐらいの気持ちが丁度いいです。

 

この記事が少しでも役立てば、嬉しいです。
これからも、皆様のお力になれるよう色々調べていきます

 

管理人yasu

タイトルとURLをコピーしました