合同会社和の未来型ツールで今日からお金が増えるのは本当?徹底検証

未来型ツール副業
未来型ツール

こんにちは管理人のyasuです。

普通に働いていても収入はなかなか増えないことに気づいてから、今までいろんな副業ビジネスを検証してきました。

世の中には様々な副業があります。そんな中から稼げるか稼げないかを判断するのはなかなか難しいことです。

それで副業を探している方に少しでも参考になるように、検証・調査したことをブログにしています。

 

今回は、未来型ツールという副業について検証していきます。

この記事は

1.未来型ツールの内容が知りたい
2.未来型ツールの販売者情報が知りたい
3.未来型ツールの収益方法を知りたい
4.未来型ツールに参加すべきか迷っている

こんなことを考えている人に読んでもらいたい記事です。

 

結論から先に言うと

未来型ツールを検証した結果、お金は増えそうにありません。
おススメは出来ません。
検証のポイント
・LP(ランディングページ)の内容
・特定商取引法の記載事項
・収益方法・ビジネスモデル
・登録するとどうなるか

・口コミ・評判
この記事を書いている人:yasu
20201年から稼げる副業を探し求めこのサイトを運営中
副業に関わる情報を検証を開始し、現在までに200件以上の副業を検証

今まで色々と調べたことをまとめたものです。
興味のある方は合わせて読んでみてください。

【重要】ネットビジネス商材の購入前に知っておくべき8つのポイント

それでは、検証ポイントに沿って解説していきます。
今回のオファーはどうなのでしょう。

未来型ツールのランディングページ内容を検証

ランディングページで気を付けるポイント

「今すぐ」「誰でも」「簡単に」のセールスコピーは疑いましょう。
残念ながらそんな方法はありません。
本当にそれが出来るなら門外不出にして儲けを独占するはずです。
特に無料とか特別価格などで心が動きそうなときほど、冷静に考えてください。

上記のポイントは重要です。

なぜなら、稼げないオファーの常套句だからです。

このポイントに注視して検証していきます。

内容をチェック

初心者・未経験者OK、即日報酬など、気を付けるポイントに類似しています。
ランディングページを見る限りビジネスモデルは不明です。
スマホ1台で出来る常識を覆す「未来型ツール」とは?
見当が付きませんね。
しかも0円でスタートできて、始めたその日から稼ぎ放題、、、、、
よく見るキーワードです。
嫌な予感がします。
ここまで見る限り、稼げるとは判断できません。
続いて、販売者の検証をしていきます。

未来型ツールの販売者を検証

販売者関係で気を付けるポイント

特定商取引法の記載を見ましょう。
これがなければ、もう検討する価値もありません。インターネット販売をするとき、業者は特定商取引法という法律に従い、販売者の名前や住所、連絡先を必ずウェブサイトに表示する義務があります。
多くのサイトはランディングページの最下部に配置しています。
面倒くさがらずに、チェックしましょう。

上記の記載がない場合は、要注意となります。

なぜかと言うと成果の保証も返金保証の有無も確認できないからです。

そもそも、記載しない=やましいことがあるという判断ができます。

特定商取引法の記載をチェック

販売事業者合同会社和
運営責任者山下大貴
所在地東京都豊島区東池袋2-62-8-1102
電話番号03-6823-3194
メールアドレスsupport@nagomi123.com

特に問題は無さそうですね。

販売会社をチェック

法人登録はされています。

合同会社和(ナゴミ)は、法人番号:8013303006135で東京都豊島区東池袋2丁目62番8号BIGオフィスプラザ池袋1102に所在する法人として東京法務局豊島出張所で法人登録され、2022年04月27日に法人番号が指定されました。最終更新日は2022年04月27日です。

引用元:法人info

法人登録上の所在地は、東京都豊島区東池袋2丁目62番8号BIGオフィスプラザ池袋1102になっています。なぜ、建物の名称を記載しないのでしょうね。

こちらが、該当するBIGオフィスプラザ池袋です。

貸事務所のようですね。

引用元:https://www.office-navi.jp/result/b02021322.html

所在地に関して、細部の記載がない時点で信用度は低いですね。

こういうのを良しと考えているのならば、企業倫理(コンプライアンス)もかなり怪しいと判断できます。

特商法は事業者による違法・悪質な勧誘行為等から、消費者を守ることを目的とする法律です。
この表記がきちんと書かれていない場合は消費者に対して、法律に即した行動をしない企業だということになります。

 

引き続き、収益方法を検証していきます。

 

未来型ツールの収益方法を検証

収益方法で気を付けるポイント

「この方法を使うと○○円稼げます。その方法を今回は特別にお伝えします。」と言って、常識を逸脱した真偽の分からない成果を掲載しているだけで「その方法」について一切触れないやり方があります。
具体的な方法を明らかにしていない場合、バックエンドに繋げていこうと考えていす。方法の概要すら記載されていないものは、疑いましょう。
「絶対」「確実」などの表現は金融商品取引法消費者契約法で規制されています。
これらのことが強調されている場合も注意しましょう。

ビジネスモデルをチェック

「LINEに0円登録をした後は、スマホでアプリをゲットして設定するだけ」

ランディングページから分かるのはこれだけです。

これを見て「なるほど!!」「やってみよう」となりませんよね。

本当に何で稼げるのか想像もつきません。

うーん、お手上げです。

続けて実績をチェックしていきます。

実績をチェック

これが稼げる証拠としているのですが、どうなんでしょうね。(誤字もあるし。)

そもそも、ビジネスモデルも不明というか、伝える気が無いのにこれが事実と言われても「はい、そうですか」とはならないでしょう。

100名も先行利用者がいるなら、もっと具体的な実績があると思うんですけどね。

そもそも、2022年04月27日に法人登録をして、100名もの先行利用者をどうやって集めたのでしょうね。

これだけ、考えなくてはいけないものが、本当に稼げるとは到底思えませんよ。

 

引き続き、警戒を厳にして、口コミ・評判を検証していきます。

 

 

未来型ツールの口コミ・評判を検証

口コミ・評判で気を付けるポイント

Google検索で「(サービス名) 評価」「(サービス名) 口コミ」「(サービス名) 危険」などのいくつかのキーワードを組み合わせて検索して上位3サイトぐらいをチェックしてみましょう。
もし、ネガティブな情報しかなければ、注意が必要です。
ランディングページに利用者の声などがあったとしても信用してはいけません。

サクラサイトも存在しているので、見極めが必要です。

ランディングページをチェック

一応、こういうものがありました。

くどいようですが、2022年04月27日に法人登録した会社です。

先行利用者だと仮定しても、1ヶ月ぐらいの実績でしかないはずです。

でも、もっと長い期間、実践しているような内容になっていて、何か信用できません。

検証を続けるかどうしようか迷いますが

でも、ひょっとしたら本当かもしれないので、

Google先生にも質問してみます。

Google先生でチェック

未来型ツールで稼げているというようなポジティブな情報は見当たりません。

0円でスタートできて、始めたその日から毎日稼ぎ放題な「未来型ツール」なんですが、稼げているという情報がありません。

しかも

堂々の3冠達成のツール(どこ調べかは不明ですけど)

本当にこの評価を受けているなら、こんなことは無いでしょう。

 

とにかく、詳細が分からないので登録をして検証してみます。

 

 

未来型ツールを登録検証

登録時の気を付けるポイント

メールでもLINEでも安易に登録するのは、お勧めしません。
メールであれば捨てアドを使うことで、ある程度のリスクは回避できます。
ですが「LINE(ライン)」は重要な個人情報が含まれているアプリです。
LINEの設定や端末の管理を疎かにしていると、情報の流出やアカウント乗っ取りといったトラブルに巻き込まれる危険性があります。

LINE登録をして、トラブルを予見できた時点で即ブロックをしましょう。

登録方法をチェック

ランディングページから登録すると

なぜか、副業NAVIという名前に変わっています。

今まで検証してきて、このパターンでおススメできた試しはありません。

かなり不安がありますが、登録してみましょう。

登録後をチェック

登録を済ませると、下記の内容が

まだ、ビジネスモデルすら教えてもらっていないのに、お金を支払う?

何にお金を払うのでしょう?

 

上記の内容が不明な3大特典にお金を払うようです。

実際に稼げる保証もありません。そもそも仕事内容わからない段階でマニュアルを買えとは、完全に消費者を舐めていますね。

このパターンは、高額なプランを勧めてくると思われます。それも、強引なほどに。

 

これ以上は勇気が出ませんので、登録検証はここまでにしたいと思います。

 

 

未来型ツールの検証まとめ

今回は未来型ツールという副業について検証しました。

検証の結果
おススメはできません。

理由については

1 特定商取引法の記載に問題がある。
2 ビジネスモデルの詳細が不明

3 LPに詳細を記載せず、LINE登録に誘導し、信用度が低い。
4 高額なバックエンドの可能性大
になります。

私の経験上からこのポイントに当てはまる場合、大抵トラブルが発生します。

「石橋を叩いても渡らない」ぐらいの気持ちが丁度いいですよ。

 

 

この記事が少しでも役立てば、嬉しいです。
これからも、皆様のお力になれるよう色々調べていきます

 

管理人yasu

タイトルとURLをコピーしました