【毎月50万の不労所得を得れるビジネス】飯田悠己で働かずに毎月50万は可能か?

毎月50万の不労所得をわずか90日で得れるビジネスせどり・物販
毎月50万の不労所得をわずか90日で得れるビジネス

こんにちは管理人yasuです。

 

 

「毎月50万の不労所得を得れるビジネスて何ですか?」

「毎月50万円稼げるの?」
「特別なスキルはいらない?」

「もっと情報がほしい」

 

この記事にたどり着いたあなたは、この様な不安等をお持ちなのではないでしょうか?

そんなあなたのために色々な角度から検証していきます。

先に結論を言います。

 

働かざる者、食うべからずなので

「推奨できない」ということになります。

結論に至った経緯を以下の記事で解説していきます。

 

 

購入しないほうがいい情報商材の特徴

特定商取引法の表記がない

一番最初に見ましょう。これがなければ、もう検討する価値もありません。

インターネット販売をするとき、業者は特定商取引法という法律に従い、販売者の名前や住所、連絡先を必ずウェブサイトに表示する義務があります。

多くのサイトはランディングページの最下部に配置しています。

面倒くさがらずに、チェックしましょう。

ランディングページ冒頭のセールスコピーに要注意

「今すぐ」「誰でも」「簡単に」のセールスコピーは疑いましょう。

残念ながらそんな方法はありません。

本当にそれが出来るなら門外不出にして儲けを独占するはずです。

心が動きそうなときほど、冷静に考えてください。

どうやって成果・収益が出るのか書かれていないもの

「私は○○円稼ぎました。その方法を今回は特別にお伝えします。」と言って、真偽の分からない成果を掲載しているだけで「その方法」について一切触れないやり方があります。

具体的な方法を明らかにしていない場合、バックエンドに繋げていこうと考えていす。

方法の概要すら記載されていないものは、疑いましょう。

他にも色々ありますが、上記の3つだけでもある程度の判断材料にはなります。

 

【あわせて読んで欲しい記事】

【重要】ネットビジネス商材の購入前に知っておくべき8つのポイント

 

 

特定商法取引法に基づく表記

特定商取引法に基づく表記自体がありません。

 

この時点で関わらない判断ができます。

 

 

AI自動リサーチシステムの概要

AI搭載の自動リサーチシステムツールを使う国内無在庫転売のようです。

ライバルが探せない儲かる商品を、この自動リサーチシステムで見つけてそれを出品して利益につなげるといった内容になります。

リサーチは全てツールが行ってくれます。無在庫転売の場合は、売れた場合に商品を直送しますので梱包発送作業必要ありません。パソコンの作業だけで完結できる仕組みとなります。

仕入先はメルカリかヤフオクらしいです。

 

 

AI自動リサーチシステムの値段

通常価格:398000円が

先着50名様限定で価格は無料となっています。

典型的な二重価格での販売です。

タダより怖いものはありませんよ。

高額なバックエンドが控えている可能性が、、、

 

 

AI自動リサーチシステムの口コミ

肝心のリサーチ方法に関する情報発信は一切なしありませんでした。日報の提出ばかりしつこくいってきてました。コンサル期間6か月で、50万の料金の価値などありません。このツールでは稼げません。

出典元:https://marquis-club.net/2021/03/21/%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%9F90%E6%97%A5%E3%81%A7%E6%AF%8E%E6%9C%8850%E4%B8%87%E3%81%AE%E4%B8%8D%E5%8A%B4%E6%89%80%E5%BE%97%E3%82%92%E5%BE%97%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9/#toc2

 

勉強会では、転売で同儲けるかということよりも、あいつが旅行でいったところの自慢を聞かされる。

出典元:https://komeda.shop/review/2021/05/iidayuki.php

 

 

AI自動リサーチシステムの気になるところ

LP(ランディングページ)には販売実績が掲載されていますが
販売した実績ではないようではなく、仕入れ以上の価格で出品しただけで、この価格で本当に販売できるのかは疑問です。

また、仕入先にも疑問があります。
レターを見る限り、仕入先がメルカリかヤフオクです。

メルカリやヤフオクで、もし仮にこの価格で販売できたとしても、同じ商品をもう一度同じ価格で仕入れることはできないでしょう。

これでは、利益が安定せず、新しい商品をリサーチしなければなりません。

さらに、転売はリサーチがとても重要のように書かれていますが、売れる商品をリサーチすることはそこまで難しくありません。

本当に重要なのは、仕入先を確保することにあります。

無在庫の基本は、単品を安く仕入れて高く売るのではなく、仕入先を確保して、同じ商品を安く仕入れて高く売ることにあります。

もう一つ気になることは、シェアの奪い合いにならないかということです。

このAIツールを100人使えば、100人で一つの商品を奪い合って購入できた人(仕入れが出来た人)だけが、転売することで利益を生み出せることになります。

仕入れる商品が単品である以上絶対に避けることが出来ないと思うのですがね。

無在庫転売の基本を押さえていないことになりますね。

 

AI自動リサーチシステムまとめ

推奨できません
推奨できない理由

  • 特定商取引法記載の表示がない。
  • 高額な商品を無料としている(2重価格)
  • 不労就労では実現は難しいジャンル

かなり怪しいと考えなければなりません。

本気でせどりに取り組むのであれば、本当に実績が出ている方から学んでいくのが一番の近道だと思います。

 

信頼性があり、確かな実績があるのもを選びましょう

 

 

この記事が少しでも役立てば、嬉しいです。

これからも、皆様のお力になれるよう色々調べていきます

 

 

管理人yasu

タイトルとURLをコピーしました